<< 免疫活性物質BRPとは 進行癌患者リンパ球のサイトカイン産生能の変化 >>

サイトカイン産生能からみたBRPの作用

では実際にBRPがリンパ球に及ぼす生理活性の一部を示します。このグラフはBRPのサイトカイン産生能に対する効果を示したものです。がん患者さんからリンパ球等を採取し、試験管内で濃度の違うBRPによって刺激培養した際のサイトカイン産生量を測定したものです。
縦軸にはサイトカイン産生量、横軸にはBRPの濃度を示します。このグラフでわかるとおりTh1(1型ヘルパーTリンパ球)関連サイトカインであるIFN-γ(インターフェロンガンマ)・IL-2(インターロイキン2)・IL-12(インターロイキン12)の産生量はBRPの濃度が上がるのに従がって増加する傾向にあり、逆に免疫抑制性のサイトカインであるIL-10(インターロイキン10)の産生量は減少していることがわかります。

免疫監視療法で投与されるBRP注射は、見張り番役・司令官役の樹状細胞やマクロファージを刺激して活性化させIL-12の産生を高めることで応援団役のTh1の活性を高め、更に活性化したTh1はIFN-γを生み出すことで患者さんが本来もっているキラーTリンパ球やNK細胞などの攻撃部隊を引き出し強い抗がん活性を導きます。

<< 免疫活性物質BRPとは 進行癌患者リンパ球のサイトカイン産生能の変化 >>

ページの先頭へ戻る