免疫活性物質BRPとは >>

免疫バランスを正常にする免疫監視療法


免疫監視療法はバランスの崩れてしまった免疫機能を正常に戻す療法です。 自然免疫や獲得免疫で、体内に入った細菌やウイルス等の病原体、体内で発生したがん細胞などの異物を監視してこれを取り除く働きを免疫監視機構といいます。
進行がんの患者さんの場合では特にこの免疫監視機構の働きが低下していると言われています。免疫監視療法は免疫力を高める特殊な生理活性物質BRP(Bio-ReproducingProtein)を静脈注射します。
BRPは、がん細胞の存在を知らせる樹状細胞などの抗原提示(敵の種類などの情報を仲間に知らせる)細胞を活性化させ、がん免疫(Th1)をおさえるTh2系のサイトカインの働きが活発にならないようにします。と同時にTh1系のサイトカインも多量に産生し活発に働けるよう刺激して、がん患者さん特有の症状である細胞性免疫の抑制状態と液性免疫の亢進状態(過剰)というアンバランスな状態を正常化させる強い抗がん活性を導きだします。

免疫活性物質BRPとは >>

ページの先頭へ戻る