<<免疫をつかさどる白血球と温熱療法の効果 温熱療法のいいところ>>

温熱療法による免疫増強と抗腫瘍効果

日本においては、1980年代初頭から温熱療法が実施されていますが、加温部以外のがん細胞の縮小効果があるケースが報告されるようになり、免疫と温熱療法の研究が進められ、熱ショック蛋白の作用が解明されてきました。

高温にさらされたがん細胞には、熱ショック蛋白が誘導され、異常な蛋白質からなるがん抗原と結合し、がん細胞の膜表面上の主要組織適合抗原の発現効率を高めたり、樹状細胞の熱ショック蛋白レセプターを介してがん抗原の取り込み効率を高め、Tリンパ球への抗原提示効率を高めることで、抗腫瘍効果が誘導されることがわかっています。

当院の温熱免疫監視療法について

 

<<免疫をつかさどる白血球と温熱療法の効果 温熱療法のいいところ>>

 


ページの先頭へ戻る
お問い合わせ