<<温熱療法(ハイパーサーミア)とは >>温熱療法による免疫増強と抗腫瘍効果

免疫をつかさどる白血球と温熱療法の効果

白血球は、そのはたらきや形状から以下のように分類されています。

温熱療法を行うことで、病巣および周囲組織の温度が39~42℃近くに上昇し、体内の免疫(NK細胞、樹状細胞、キラー細胞、マクロファージなど)が活性化して、がん細胞に対して攻撃性を発揮します。
    更に詳しく
<<温熱療法(ハイパーサーミア)とは >>温熱療法による免疫増強と抗腫瘍効果

ページの先頭へ戻る
お問い合わせ