<< 進行癌患者リンパ球のサイトカイン産生能の変化 治療効果 >>

免疫監視療法の症例写真と経過

典型的な有効例の治療経過

患者:45歳 男性 病名:肝細胞がん 両側肺転移

上のレントゲン写真の患者さんは、肝細胞がん、両側肺転移の45歳男性です。肝細胞がんの診断を受け肝臓の一部を切除されましたが、1年後に両側肺に転移が見つかりました。抗がん剤の全身投与を受けられましたが、残念ながら効果はなく当院を受診されました。
来院当初より月1回のBRP投与をおこなっていましたが、治療開始から5ヶ月間は大きな腫瘍は増大しています。小さな腫瘍は大きな腫瘍より早期に縮小していることがわかります。

このように腫瘍のサイズにより治療に対する反応性は異なり、やがて右肺野の大きな腫瘍も縮小しはじめ、治療開始から3年11ヶ月で画像にほとんど腫瘍を確認できなくなりました。治療期間中、この患者さんは通常の勤務をこなし残業されるほど体調は安定していました。この方のように免疫監視療法では、免疫力が腫瘍の増殖力に追いつくまでは抑制力が不十分なため腫瘍は増大します。しかし、免疫力が追いつくと増殖を抑制し腫瘍は縮小するようになるのが特長といえます。

<< 進行癌患者リンパ球のサイトカイン産生能の変化 治療効果 >>

ページの先頭へ戻る