<< サイトカイン産生能からみたBRPの作用 免疫監視療法の症例写真と経過 >>

進行癌患者リンパ球のサイトカイン産生能の変化

下のグラフは健常人群、BRP治療有効の進行がん患者群、未治療進行がん患者群のリンパ球のサイトカイン産生量の違いを示しています。

(1)未治療進行がん患者群では、健常人と比較してがん免疫を強くするサイトカインであるインターフェロンガンマ(IFN-γ)グラフ①とインターロイキン12(IL-12)グラフ②の生産量は低く、逆にがん免疫を抑制するサイトカインであるインターロイキン10(IL-10)グラフ③の産生量は高くなっています。

(2)BRP治療有効の進行がん患者群では、未治療例と比較してインターフェロンガンマ(I FN-γ)グラフ①とインターロイキン12(IL-12)グラフ②の産生量は高く、逆にインターロイキン10(IL-10)グラフ③の産生量は低くなっています。

進行がんの患者さんでは、樹状細胞や1型ヘルパーTリンパ球(Th1)の機能低下を認め、がん免疫抑制状態になっています。
BRP治療により1型ヘルパーTリンパ球が優位となり、免疫抑制状態が解除されることによってサイトカインバランスも改善し、がん免疫が活性化されます。

<< サイトカイン産生能からみたBRPの作用 免疫監視療法の症例写真と経過 >>

ページの先頭へ戻る